世界中の人ともつながれるSNSの登場

IT技術が進歩していく中で、私達現代人の生活を最も大きく変えたのがSNSの登場でしょう。
SNSの登場により、視野は広がり、人と人の距離感は大きく変わり、遠いところにいる人のことも近くに感じることができるようになりました。
しばらく連絡していなかった旧友とも一瞬にして繋がることができるSNSは、電話よりもメールよりも便利なツールになりました。
世界中の人とも気軽に繋がることができて、共通の話題で盛り上がり、趣味を通して新しい人と関わりを持つことが出来ます。

Facebookではインターネット上に自分の情報をまとめたアルバムのようなものを作ることが出来ます。
世界中の人へ向けて発信できるツールであり、ビジネスチャンスを広げるために役立ちます。
実際に企業は自社のFacebookを作成し、Facebookの中で最新情報を公開したりしています。
Facebookでは「いいね」という高評価を集めることが出来ます。
この「いいね」が多く集まると多くの人の目に触れることになるので、宣伝効果は非常に大きいです。

Facebookと少し違った特徴を持っているSNSとしてTwitterがあります。
Twitterは短い文章や写真を発信して、リアルタイムで多くの人に発信することが出来るという特徴を持っています。
Twitterは情報拡散能力が非常に高く、フォロワーが多い人の発言は瞬く間に世間に広がっていってしまいます。
特に有名人の発言は注目を集めやすく、お酒に酔った状態でTwitterを利用して問題発言をしてしまう有名人も少なくはないです。
SNSの中でも瞬発力のあるTwitterは便利な一方で、リスクもあるということを十分に把握しておく必要があります。
芸能人はイメージや好感度が大事なので、Twitterでの発言には十分注意しなければいけません。

SNSを使うことで多くの人と関わりを持ち、今まで知ることがなかった情報や、友人達の近況を知ることが出来ます。
企業はSNS上でキャンペーン情報を流したり、お得なクーポンなどのサービス情報も発信しています。
企業は視野を広げていて、これからは誰でも気軽に使用できるFacebookやTwitterなどのSNSに力を入れていくと思います。
特に中高生などの学生はスマートフォンを使用している時間が非常に長く、テレビはほとんど見ていないというのが実情です。
そうなると中高生に向けた商品をPRするにはSNSが一番効果的です。